食欲抑制剤のリデュースの特徴はどういうところにあるのか?

リデュースは食欲抑制剤として海外で有名なリダクティルと言う薬のジェネリック医薬品に当たります。リダクティルと同じような効果を持っている食欲抑制剤です。

リデュースは国内では未承認の薬になりますので、ドラッグストアなどで購入する事はできませんが、クリニックや個人輸入業者によって手に入れることはできます。リデュースの特徴はどういうところにあるでしょうか。

 

食欲を抑える効果がある

いざ痩せようと思っていても、ずっと食欲を我慢することはできないのではないでしょうか。食欲を我慢していくとストレスによってやけ食いをしてしまっていくらダイエットをしようとしても、全然ダイエットができないということにもなりかねません。

リデュースは脳内から分泌するセロトニンやノルアドレナリンを調整することにより、食欲を抑えることを目的としています。脳内神経に直接働きかけることによって容易に食欲を抑えられますので、無理することなくダイエットを行うことが可能になります。

 

主成分である塩化シブトラミンが含まれている

リデュースの有効成分は塩化シブトラミンで、脳内の神経細胞から分泌されているセロトニンの働きを調整して食欲を抑制して、代謝を上げて脂肪を燃焼させるノルアドレナリンの働きを調節します。要するに、セロトニンやノルアドレナリンの取り込みを阻害する働きをします。

セロトニンの働きを調節しますので、脳の満腹中枢を刺激することになり、食欲をきちんとコントロールすることが可能になります。リデュースを飲むことによって満腹感を満たすことになりますので、ストレスを抱えながら食欲を抑えるということが無くなります。

食欲抑制をすることで満腹感を満たすだけでなく、ノルアドレナリンにも働きかけますので、効率よく代謝を上げて脂肪の燃焼のも働きかけることができます。脂肪の燃焼にも役に立つことになると、運動などと同じような効果が出てきます。

 

安全性が高い

リデュースは医薬品ですので副作用が無いということはありませんが、十分に用法や用量を守って使用することによって死に至るような副作用に関しては起こりにくいです。

ただし、注意しないといけないことが心臓発作など心臓などの循環器に対して疾患が起こる可能性があります。リデュースを飲んで何らかの異常が出てきたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

すでに何らかの持病があって、継続的に服用している薬がある人に取っては、リデュースとの飲み合わせについては十分に気をつけた方がいいです。具体的には、抗うつ剤との飲み合わせが悪いという報告がありますので、該当する人は医師に相談をしてみるといいでしょう。

他の肥満治療薬や食欲抑制剤よりも原発性肺高血圧のリスクが少なくて、死に至るような副作用が現れにくいということもあって、海外を含めて多くの人が利用している医薬品の一つにもなっています。食事制限をしたとしてもなかなかダイエットを続けることができなかったり、カロリー計算をしたりするのは面倒だと言ったり、運動を続けられない人に取ってはリデュースは十分な助けにもなるのではないでしょうか。

 

簡単に食欲を抑えることができる

リデュースは1日1錠を朝飲むことで、1日中食欲を抑えることが可能です。それを可能にしているのは主成分である塩化シブトラミンが含まれているからです。この成分はセロトニンやノルアドレナリンに働きかけますので、食欲を抑える効果があります。

ページ上部へ戻る