ブログ

食欲抑制剤のリデュースはどういう副作用があるのか?

リデュースは食欲抑制剤ですので、薬として認識をしておかなければいけないです。日本国内では未認可の薬なのですが、数少ない食欲抑制剤と言うことで海外で人気があります。ここではリデュースがどういう副作用を引き起こすのかということについて紹介していきます。

 

よく見られる副作用の例

リデュースで見られる副作用の例としては、頭痛や便秘、月経痛、倦怠感、うつ症状などの軽いものから、心臓発作などの死亡する可能性がある例まであります。リデュースを使用するとやせることができるわけですが、副作用が起こる可能性も高いことを知っておきましょう。

 

依存性が強い

リデュースを継続的に服用していくとだんだん依存性が強くなります。依存性がありますので、服用しない日はイライラしたり落ち着かなかったりするということが起きます。依存性があるために服用が止められなかったりするという点では気をつけていかなければいけないです。服用を止めたら却ってリバウンドで一気に体重が増えたりもします。

 

抗うつ薬を服用している人は反対に太ってしまう

うつ病や気分障害などの精神疾患があって抗うつ剤を服用している人がリデュースと併用している場合は体重増加の可能性があります。やせたいがために服用しているにもかかわらず、かえって太ってしまうとなるとリデュースを飲んでいる意味が無くなります。抗うつ剤を服用している人は飲まないようにしたほうがいいでしょう。

 

副作用によって大変なことにならないように注意する

リデュースは食欲抑制剤として効果が高いわけですが、場合によっては副作用が起こることもありますので、十分に注意して使用をしてください。継続的に使うと依存性が強くなりますので、そうならないように短期間で服用するのを終了しましょう。

  • 食欲抑制剤のリデュースはどういう副作用があるのか? はコメントを受け付けていません。
  • 薬の効果・副作用

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る