ブログ

食欲抑制剤のリデュースはどのくらい効き目があるのか?

リデュースを食欲抑制剤として使用するのであれば、どのくらい効き目があるのかと言うのは知りたいところではないでしょうか。1日1錠で十分だと言われていますので一回飲めば結構効き目があるのではないかと推測することが可能です。今回は実際にどのくらい効くのかということについて解説していきます。

 

1回飲めばほぼ1日中効果がある

リデュースは1日1錠の服用で大体10時間から15時間の効果があるということですので、ほぼ1日中効果があると言ってもいいのではないでしょうか。朝食べる前に飲んでおけば夜までは持つと言ってもいいわけです。1回で1日持つのであれば、1回に2錠以上飲むなど飲みすぎないように気をつけないといけないです。効果があまり出ない場合はいったん飲むのを中止することも必要になります。

 

食欲がない時は飲まないほうがいい

リデュースは副作用が強い食欲抑制剤でもありますので、体調がすぐれない時や食欲がない時には飲まないと言ったメリハリのある使用が求められます。薬代としても安いというわけではないですので、効果的なタイミングで飲むのが一番いいでしょう。

 

体内には1日中薬が残っている

リデュースの持続時間は10時間から15時間ですが、薬が残っている時間はそれ以上になります。持続時間が過ぎたとしても副作用が起こる可能性はあります。何か用事がある場合は完全に成分が抜けると言われている数日程度は服用をやめた方がいいです

 

1回飲めば食欲抑制に効果がある

リデュースは1日1回飲めば十分食欲抑制に効果があります。そのため、食欲がない時や体調が悪い時は飲まないほうがいいでしょう。体内にはずっと薬が残りますので、副作用には十分気をつけてください。

  • 食欲抑制剤のリデュースはどのくらい効き目があるのか? はコメントを受け付けていません。
  • 薬の効果・副作用

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る