ブログ

食欲抑制剤のリデュースは正しく飲むことにより効果が出てくる

食欲抑制剤でリデュースと呼ばれる医薬品がありますが、医薬品ですので用法や用量をきちんと守って飲むことが求められます。食欲抑制剤を利用するくらいなのでダイエットや肥満などのために使用する人が大半でしょう。リデュースを利用するのであれば、正しく説明書き通りに飲む必要がありますので、今回は正しい飲み方について説明していきます。

 

1日1回1錠を飲む

リデュースは注意して飲まないと副作用が起きたりしますので、1日1回1錠のみを服用するようにしてください。必ず食べる前に服用してください。効果が出るかどうかというのは個人差がありますので、効果が出ないからと言って1日に2回以上飲むということは勧められません。

 

長い期間の服用はしない

リデュースを長期間服用をしてくると薬に慣れていくということもあって効果を感じられなくなります。そういう場合は薬を飲むのを止める期間を設けてください。休止期間を設けることで耐性を作るのを遅らせたりするのに効果があります。休止するルールの決め方としては、たくさん食べる予定がある日だけにしたり、飲む曜日を良く食べる日に固定するというようなことでもいいでしょう。

 

食欲がない日に無理して飲む必要はない

今日は食欲があまり出ないなあと言う時は無理してリデュースを飲む必要はありません。リデュースが無くても食欲をコントロールすることができれば一番いいわけですので、それを目指していくことをお勧めします。

 

決められた方法で正しく飲む

リデュースは食欲を抑制することができる薬ですので、正しく飲むことが求められます。1日1回1錠を食前に飲むわけですが、長い期間ずっと服用するのは効き目が無くなります。食欲がない日は別に飲まなくても構いません。

  • 食欲抑制剤のリデュースは正しく飲むことにより効果が出てくる はコメントを受け付けていません。
  • 薬の効果・副作用

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る